ホームページのにおけるユーザビリティ

ホームページ作成に求められる事は、集客力とユーザビリティと言えます。

集客力については、ホームページ作成を行う中で、SEO対策を意識した作りこみを行う事が大切です。
一方、ユーザビリティについては、ホームページ作成を行うウェブページを利用した人が便利に利用出来るようにする事が大切であり、集客力を高めても、使い勝手が悪いホームページでは、2度と訪問したくないと考える人がいるからなのです。
2度と訪問したくないホームページと言うのは、少々大袈裟かもしれませんが、初めて訪れたホームページを閲覧していて、自分が今どのページにいるのかなどが解らなくなり、迷子になる事があります。
ホームページの多くは、サイトマップなどが設けられており、自分が知りたい情報が何処に掲載されているのかが解るようになっていますので、最初にサイトマップに訪れたり、メニューなどから目的のページを探し出して目的を達成する事が出来るわけです。
しかし、これらのユーザビリティが充実していないと、自分が今どこにいるのかや、目的のページは何処にあるのかなどが解らなくなります。
そのため、コンテンツが充実しているホームページでも、ナビと言うものが充実していないと、そのウェブページには2度と訪れたくないというふうに考えられるのです。
ホームページ作成を行う場合、それぞれのページの中に現在位置を示す事が出来る工夫をいれたり、必ずホームに戻れるリンクを付ける事が基本としてあります。
また、サイトマップは、コンテンツ量が多くなる事で有利なページになりますし、目的のページをいち早く探し出せるというメリットもありますので、サイトマップの必要性は高いと言えるのです。
因みに、写真が多く掲載されているホームページを作成する場合、大きな画像を何枚も貼り付けてしまうと、パソコンやインターネットの環境によってはページの読み込みが遅くなる事もありますので、解像度を落とすなどして、ユーザビリティを考慮したウェブページ作りを行う事が大切です。”