期間と費用

WEBサイト制作をゼロから大急ぎで行う、そんなことが可能となりました。費用はピンからキリまであります。
最近は企業の規模に関わらず、自社サイトを持っているところが増えています。個人が趣味でサイトを持っていることも珍しくないこともあり、気軽にサイトを開設したり引越をしたりすることも出来ます。
自社内にサーバーがないからといってWEBサイト制作をあきらめることはありません。大手企業もレンタルサーバーを利用していますのでこのレンタルサーバーの導入によるWEBサイト制作の流れ、期間と費用を考えてみましょう。もちろんWEBサイト制作の全てを外注することも可能です。全てを外注、それも自社のオリジナルでとなると費用は高くなります。制作にかかる期間ですが、サイト内にどのようなものをどのくらいの量、どのくらいの期間保管するかで決まります。
仮に自社サイトでショッピングが出来る機能を作る場合、商用利用可能なツールをそのまま流用するか最初から構築するかでも導入期間と費用は変わります。最初から構築した場合、今まで通りの業務をこなしながらサイトのテストを行い不具合をなくしていくという作業が必要です。そのためには外注していても、自社内で制作していても実際の利用者の人件費がかかります。
もし、小売りがメインということであればショッピングサイトの中に自社の店舗をオープンさせるということも可能です。オリジナルのWEBサイト制作と異なり、フォーマットがあらかじめ決まっていることもありゼロから構築するよりは短時間の作業で済みます。商品詳細のページのみをオリジナルの自社サイトでということであれば、外部の自社サイトへリンクさせる、などの単純な動きでもいいでしょう。WEBサイトにいろいろな機能を付加しようとすると複雑になり作り込みに時間がかかりますが、商品紹介などテキストと画像だけであれば市販の本をみながら簡単なホームページを作成することも可能です。
WEBサイト制作会社の営業担当者の話を鵜呑みにせず、自分で少し調べるだけで費用はいくらでも押さえることが出来ます。最初から完璧を目指すのではなく、自社の成長スピードに合わせてサイトを成長させることでも出費を抑え、時間をかけずに制作することが出来ます。磨くべきWEBの
必要なスキルを鍛えるために話をして理解を深める事も出来るかもしれませんね!